天使の庭  ANGEL‘S GARDEN

天使のメッセージ、花の精霊のメッセージ、癒しのメッセージをお届けします!エコロジーや環境問題・自然療法・癒しの本の紹介もしてゆきます   I'll send you angel's message, fairie's message and healing message !

生命と魂の尊重  Respect for spirits and soul

123.jpg


1979年に国連で採択された「女性差別撤廃条約」には 
      「婚姻・家族関係において女性に対する差別を撤廃すること」、

「結婚に際する姓名の選択において 女性のみが 改姓を強制されるべきではない」と 定めてられています。

1970~80年代にかけて ヨーロッパ各国では夫婦別姓選択への法改正が進められ、

世界的に見ても 夫婦別姓か同姓かを 選択できる国がほとんどです。

氏名は人格の象徴であり、 性別に関わらず 人間の生命や魂・個性が尊重されることが 
本当に進歩した社会であると思います。



よろしければ押してください !    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ



(参考文献 「夫婦別姓への招待」 高橋菊江・折井美耶子・二宮周平著 有斐閣選書 より引用しました。)


平井堅さんの「瞳を閉じて」です。 映画「世界の中心で愛を叫ぶ」もオススメです。






  1. 2009/09/29(火) 12:54:33|
  2. About politics
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<地球の家族  「ボンドゥ孤児院プロジェクト」 | ホーム | 花の妖精の贈り物  The gift from fairies>>

コメント

民主党の政策は、その意味では、賢明な法律案だと思います。☆
  1. 2009/09/29(火) 19:33:32 |
  2. URL |
  3. 荒野鷹虎 #-
  4. [ 編集 ]

荒野鷹虎さんへ

こんにちは!
そうですね。いつも政治に関しては意見が合いますね。
それにしても他の先進諸国より30年も遅れているんだな~と思いました・・

私は特に民主党を支持しているわけではなくて、自民党以外をいつも応援しています(笑)
選挙の結果には家族で万歳をしました!
よい政策をたくさん実現していってもらいたいですね。
  1. 2009/09/30(水) 18:42:14 |
  2. URL |
  3. 海原美海 #-
  4. [ 編集 ]

美海さん こんにちわ~

そうですね、国会で法案が通りそうですね
姓を変えることも、変えないで別姓でいることも
両者が選択できること、ワタシもよかったと思います^^
今まで、何度も何度も、戻されていたのに、
こんなに迅速に進んだここと、ほんとに驚きです (*^-^*)

あじさいのお花でしょうかしら~
カラフルで可愛いお色ですね~ ・:*:・(*´ー`*)・:*:・
自然からの贈り物
ワタシたちはこんなにも自然に愛されているんですね.:*・゚
  1. 2009/09/30(水) 19:03:26 |
  2. URL |
  3. れぃん #gGj3Lv6Q
  4. [ 編集 ]

れぃんさんへ

北の方に旅行に行ったら、九月に紫陽花が咲いていました。
お花さんは可愛らしくてカラフルで、私たちに喜びや幸せをあたえてくれますね。
その美しさは、まるで妖精たちの魔法を見ているようです。

男女を問わず、人間らしさや思いやり、その人らしさが大切にされる国であってほしいですね。
  1. 2009/10/01(木) 16:50:33 |
  2. URL |
  3. 海原美海 #-
  4. [ 編集 ]

個人の魂、個性、人間である源ですよね、この内容には私も共感です。
紫陽花のピンク色、とっても可愛いですねえ~あまり見ない色合いの紫陽花ですね。
  1. 2009/10/07(水) 07:20:11 |
  2. URL |
  3. チビデブブス #-
  4. [ 編集 ]

チビデブブスさんへ

こんにちは!
個性や魂は人間の源なんですね。
自分らしさを大切にしたとき、人生は輝くのでしょうね!

この紫陽花はウチの庭の紫陽花なんですよ。
毎年大きくなって樹のようになってきました。
美しい花を咲かせてくれて嬉しいかぎりです!
  1. 2009/10/07(水) 18:06:37 |
  2. URL |
  3. 海原美海 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://angelgarden734.blog64.fc2.com/tb.php/200-4d15edd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)