天使の庭  ANGEL‘S GARDEN

天使のメッセージ、花の精霊のメッセージ、癒しのメッセージをお届けします!エコロジーや環境問題・自然療法・癒しの本の紹介もしてゆきます   I'll send you angel's message, fairie's message and healing message !

「従軍慰安婦」にされた少女たち

012_20090516151730.jpg


「戦争中、工場の仕事をするのだと信じこまされ 慰安所に連れてこられたアジアの少女たちは

慰安婦として 一日に20~30人の日本軍人に 強姦されました。」

「彼女たちは番号で呼ばれ 逃げられないように 入れ墨を入れられていました。」

「7割の女性が梅毒や性病にかかり 自殺する女性もたくさんいました。」

「もし、日本の少女たちを連行したならば 必ずや日本兵たちは 聖戦に疑問を抱いたに違いないでしょう。

しかし アジア民族への蔑視感が 慰安所での性暴力を可能にしたのです。」



日本の文化である 伝統芸能や稲作、 陶器や建築など アジアから伝えられたものがたくさんあるように、 アジアも地球も すべてが大切な仲間です。

そして、どんなかたちであっても 戦争は許されるものではないのだと思いました。





「従軍慰安婦」にされた少女たち (岩波ジュニア新書)「従軍慰安婦」にされた少女たち (岩波ジュニア新書)
(1993/06)
石川 逸子

商品詳細を見る


(アフィリエイトはしていないので興味のある方は図書館などでお借り下さい)

よろしければ押してください!   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ




  1. 2009/06/19(金) 10:58:00|
  2. 癒しの本の紹介
  3. | コメント:8
<<地球の愛  The love of the earth | ホーム | 美しいハート The beautiful heart>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/06/19(金) 19:15:41 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

勝手な私見をカキコします。
 昔の戦争・・・顔の見える距離で国と国、民族と民族が殺しあった時代、相手の領地・財産を奪い、非戦闘員(農民・女・子供)を含め奴隷にすることが戦争の目的でした。  先の大戦で大陸へ派兵し、 兵器で人を殺し、建物を破壊し、従軍慰安婦-強姦もやって、敗戦したのです。 (当時は)敗戦して国を失い、奴隷となって最下層に冷遇された人々は、再び戦争によって勝つまでは奴隷のままだった筈です。 にも拘らず、日本国民は奴隷になった経験がありません。  戦勝国は日本人が犯した全ての罪に対して、賠償を要求する権利があるし、 敗戦国日本は償う義務があるのです。 

 今上の奴隷問題は、独裁国家の人権問題(独裁者が自国民を奴隷にしている)として捉えられます。 
 今後の国家間、民族間の戦争は資源を奮いあう局地戦から開戦する可能性が払拭できません。 しかし、核保有国が核を行使した瞬間--局地戦には留まらず、 地球は猿の惑星へと変貌するのでしょう。 独裁国家、軍事国家が核を保有するのは地球人にとって危険極まりない事・・・。
  1. 2009/06/21(日) 00:46:30 |
  2. URL |
  3. SunhiroA #PbcT54os
  4. [ 編集 ]

ここの写真は色鮮やかなのが多いですね~
戦争世代の子が私達でその子供が荒れてたり…
結局はそんなこんなも戦争の弊害?と思う事があるのです。
何せ私の年代の凶悪犯罪が多いんですよね。
戦争が人の心を狂わしその世代が育てた子が狂い
みたいななんか因縁めいた色々を思う事が…
戦争なんてマイナスだらけですよね。
いくら平和な家庭をきずいても
戦争になったら壊れてしまうわけで…
だからもっと戦争絶対反対って女性が声を
あげないといけないと思ったりです。
  1. 2009/06/22(月) 03:22:34 |
  2. URL |
  3. tarara #-
  4. [ 編集 ]

sunhiroAさんへ

「相手の領土を奪い、奴隷にする」とは、なんて間違ったことが当たり前とされていたんだろう・・と思います。
人や地球から奪えば、自分が奪われることになるんでしょうね。
モノやお金ではなく、心や愛が大事にされる世界になってほしいと思います。
そして、国の扇動に乗せられてはいけないなと強く思いました。

>敗戦国日本は償う義務があるのです
きちんと償って謝罪していれば、アジアからの反日運動も起こらないのではないかなと思います。

>今後の戦争は資源を奮いあう戦争になる
というお言葉も肯けます。・・
それをストップさせることも私たちが今、生きている役目なのではないかと思います。

マザーテレサが仰っていたのですが、貧しい人に食物を与えると、彼らはそれを隣の人々に分け与えたそうです。
貧しい人は自分たちですら食べてゆくのがやっとなのに、もらった食物をさらに困っている人に分け与える。・・ 
こういうところに希望があるのではないかなと思いました。
  1. 2009/06/22(月) 10:24:17 |
  2. URL |
  3. 海原美海 #-
  4. [ 編集 ]

tararaさんへ

この写真を撮った時、気持ちよい風が流れていてルピナスも幸せそうに咲いていたんですよ。
庭園や公園を訪れると心がなごみますよね。

戦争は悲しみばかりを生みますね・・
もう二度と起きてほしくはありません。

私たち一人ひとりの声や力は、とても大きなものだと思います。
そして、戦争反対の世論の声をあげてゆくことも大人の役目なのだと思います。

  1. 2009/06/22(月) 10:46:13 |
  2. URL |
  3. 海原美海 #-
  4. [ 編集 ]

一番にコメントをくださった方へ!

暗い内容なので、記事にするべきではないかなと思いましたが、戦争でどんな悲惨なことが起きたかを知っていたら、誰も戦争に賛成しないのではないかなと思いました。
根拠のない差別や蔑視は無くしてゆかなくてはならないなと思います。
つらいお話をお聞かせしてゴメンナサイ。

これから愛にあふれたあたたかい未来を私たちで創ってゆきましょう!
  1. 2009/06/22(月) 17:57:46 |
  2. URL |
  3. 海原美海 #-
  4. [ 編集 ]

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

私の叔母はユーゴスラビア人と結婚をし
数年後、そこはボスニア内戦になりました。
日本に帰ろうにも大使館やその他の機関を
たらいまわしされ、そうこうしているうちに
叔父さんになるボスニア人の夫が流れ弾に当たって戦死。
そうしたら、すんなり母子共に帰国できました。
憤りを感じましたね。
帰国当時はニュースになりました。
これで幸せになると思いきや
小学生の子供がたぶん国による風習の違いでしょう。
田舎の閉鎖的な心もあったのでしょうか
毎日、虐めにあい悲惨な日々を過ごしたようです。
それでも家に帰るとおじいちゃんお婆ちゃんに
「学校は楽しい」と心配かけないよう言っていたそうです。
イジメが発覚してその子だけボスニアのイトコに
預けられられました。
それを知らず私は
せっかく日本にきたのならスノーボードやスケートなど
私の出来る日本の楽しさを教えようと
意気込んでいました。
子供が帰った事を聞いた私はその理由を知り
日本人として恥ずかしかったですね。
国が違っても、皮膚の色が違っても
同じ人間。ケンカは良くない。
特に国どうしのケンカは恥ずかしいを
通り越しますね。

あとでブログに載せようかな?
  1. 2009/06/23(火) 23:50:08 |
  2. URL |
  3. 虹の雲 #-
  4. [ 編集 ]

虹の雲さんへ

日本人の排他思想はひどいものがありますね・・
特に虹の雲さんが仰るような人種や国籍による差別には、いつも信じられない思いになります。

小学校の子どもがこのようないじめに遭ったかと思うと胸が痛みます。
少しでもまわりと違う人を排除しようとする、日本人の悪いところですね。
外国に住んでいたということは大切な経験であっただろうし、人それぞれの個性が押しつぶされるあり方は変えてゆかなくてはなりませんよね。

自分が学生の頃を思い出してみると、同じ日本人同士でも、髪型が違う・カワイイ子が気に入らない・成績が悪い・・ 些細なことで集団によるいじめが発生していました。
いじめの標的にならないためには、皆に合わせて平均的でいるしかない・・・
日本の悪いところだと思います。

>国が違っても、皮膚の色が違っても 同じ人間。
同感です。地球のすべての人や生命が仲間なのだと思います。
皆が仲良く暮らせる日が必ず来ると思っています!

ぜひぜひブログに載せて多くの人に伝えて下さい!
  1. 2009/06/24(水) 11:05:03 |
  2. URL |
  3. 海原美海 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する