天使の庭  ANGEL‘S GARDEN

天使のメッセージ、花の精霊のメッセージ、癒しのメッセージをお届けします!エコロジーや環境問題・自然療法・癒しの本の紹介もしてゆきます   I'll send you angel's message, fairie's message and healing message !

宇宙船地球号

041.jpg
地雷は一個400円、それを撤去するには50倍の費用と手間がかかり、戦争が終わった後もその土地の人々は、怖くて農業ができない、いつ爆発するか不安な生活を強いられています。

湾岸戦争で破壊された、イラクの核施設からばらまかれた放射性物質の半減期は45億年で、
測定不能の汚染地帯となったその土地では、子供たちが走りまわり、家畜が水を飲んでいます。

世界中の戦争では、子供たちが兵士にされ、無理やり戦わさせられています。子どもたちには、深い心の傷が残ります。

世界でいま、何が起こっているかを知ったとき、自分が悩んでいたことや考え込んでいたことが消え去っていました。

食べるものがあり、命を与えられ、喜びや悲しみに出会い、自然が微笑みかけてくれ、何よりも万物の愛につつまれて平和に暮らしている、それだけで幸せなのだと思いました。

そして、私たちに日々、悩み考えることがあるとすれば、それは地球の家族の苦しみを分かち合い、助け合うことなのだと思いました。

地球に生きるすべての生命が奏でる、ハーモニーの中を私たちは生きていて、わたしたちひとりひとりが愛と感謝のこころを持ち、自分らしくあることによって、宇宙船地球号に、美しい音色を響かせてゆけるのでしょう。


参考文献(「みんなで考えよう 世界を見る目が変わる50の事実」 ジェシカ・ウィリアムズ著 草思社 )
(「イラク 占領と核汚染」 森住 卓著 高文研)


よろしければ押してください!
  1. 2008/09/30(火) 10:39:26|
  2. 癒しのメッセージ
  3. | コメント:2

地球のこども

005.jpg

「わたしはあなたに最高の道を教えます。
たとえ、天使たちの言葉を語ろうとも、愛がなければ、わたしは騒がしいどら、やかましいシンバル。
たとえ、預言する賜物を持ち、あらゆる神秘と知識に通じていようとも、
たとえ、山を動かすほどの完全な信仰を持っていようとも、愛がなければ、無に等しい。
愛は決して滅びない。
それゆえ、信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。
その中で最も大いなるものは、愛である。」 
(新約聖書 コリント信徒への手紙より)

ひとりひとりの心の中心に愛があり、家族の中心にも愛があり、母なる地球の魂も、愛でつくられています。

そして、国籍がどこであっても、太っていても、やせていても、引きこもっている人も、お金持ちも、すべての人が、平等で、差別なく、神さまから愛された、尊い存在です。

何を気負うことなく、私たちは地球のこども、大地のこどもとして、生かされているこの命を、のびのびと生きてゆけばいいのでしょう。

 (聖書は宗教としてではなく、知恵の言葉や格言集として読んでみるとおもしろいと思います。)

よろしければ押してください

  1. 2008/09/26(金) 11:03:47|
  2. 癒しのメッセージ
  3. | コメント:2

サンタクロース

004.jpg
先日、横断歩道を渡っている小学生のこどもたちが、
「これからずーっと、戦争がなくなりますようにって、サンタさんに頼めばいいんだ!」
と言っていました。

なんて微笑ましい、かわいらしい心でしょうか!

このこどもたちの願いは、夢ではなく、本当に叶うのだと思います。

潜在意識の活用について説く、ジョゼフ・マーフィー博士は、
「潜在意識は無限の力を持っています。その力を信頼すれば、どんな願いも現実化します」
と言っています。

また、ウエイン・W・ダイアー博士も次のように言っています。
「私たちには、求めているものを引き寄せる力が備わっていて、あなたの思いやイメージこそが、あなたの現実をつくっている」

戦争をなくし平和を願う祈りの心は、自分の心に愛と平和を生み出し、まわりの人々への思いやりを生み出し、世界を愛にあふれた平和なところにしてゆける、偉大な力を持っているのだと思います。

私たちの日々の思いや心の中に、愛と平和をもたらしましょう!

参考文献( 「いいことが次々起こるこころの魔法」 ウエイン・W・ダイアー著 知的生きかた文庫)

よろしければ押してください


  1. 2008/09/24(水) 12:19:15|
  2. 癒しのメッセージ
  3. | コメント:2

胡同の理髪師

025.jpg

今日は、「胡同の理髪師」という映画を紹介したいと思います。

この映画では、93歳のチンおじいさんが現役の理髪師として胡同(フートン)の街に生きる、素朴で奥の深い毎日が描かれています。

ワンシーンごとに、瞳を閉じるように幕が下り、映画は独特のリズム感を持って語られ、私たちは映画のテンポに惹き込まれます。

チンおじいさんが、親友と再会した時に、つながれた二人の手には涙があふれ、また、若い世代の人々の利己的なあり方や思いやりのなさについても、監督による批判がなされています。

チンおじいさんがかわいらしいこどものように、恬淡として生きてゆく様は、禅の雲水や古代中国の老子や荘子のように思えました。

荘子の言葉に次のようなものがあります。

「天地自然の徳 (無心の静けさで落ち着いた

安らかさを保ち、ひっそりとした深みにいて、作

為がない)を知ることは天の自然と和諧(わか

い)することである。自然と和諧することは天の

楽しさといわれる。天の楽しさをわきまえたもの

は、生きているときは自然のままにふるまい

死んでゆくときは万物の変化のままに従う。」

チンおじいさんを見ていてこの言葉を思い出しました。

理髪師という一つの技術を持って生き、欲を出さず、子供のような心で生きるチンおじいさん。

胡同の街が解体されてゆくように、古時計が壊れていったように、チンおじいさんもいつかは土に還ってゆく、その自然なありかたがこの映画には描かれ、静かな感動があります。

よろしければ、「胡同の理髪師」の公式ホームページをご覧ください!
http://futon-movie.com/


よろしければ押してください!

(参考文献 「荘子」 第二冊 岩波文庫)

  1. 2008/09/22(月) 10:55:03|
  2. 映画の紹介
  3. | コメント:2

エコ・カーのすすめ 

039.jpg


先日、軽井沢まで行ってきました。

軽井沢では、森の木々や草花たちが生き生きとしていて、緑の色も濃く、空気が澄んでいました

そして、空気を吸うごとに、自分のからだと心も清められ、こころ穏やかになってゆくのを感じました。

古代インドの書物「ヴェーダ」には、プラーナ(呼吸)について書かれています。

これは、生命力や命のエネルギー、宇宙的生命力などを意味するもので、呼吸が、生命の源や宇宙とつながった、いかに重要なものであるかが記されています。

森の木々たち(地球の肺とよく表現されます)が、CO2を美しく清らかな酸素に変えてくれ、それを私たち生命が呼吸することは、すべての生命とつながりあって生きているという、万物共生の心を教えてくれているのだと思いました。

都会では残念ながら、美しい空気を呼吸することはできなくなっています。

自動車の普及によって、交通事故によろ死傷者の急増や排気ガスによる大気汚染、観光道路の建設による自然破壊、渋滞、騒音、振動などが発生してきました。

かっこいいイメージのCMの裏には、これだけの危険とリスクがあることを考えますと、最近よく、エコ・カーとして紹介されている自転車のほうが環境にやさしいのだと思います。

自転車のいいところは、その季節折々の自然と空気を感じられるところだと思います。
そして、サイクリングは有酸素運動なので健康にとてもいいそうです。

温暖化防止に貢献して、なおかつ美しい空気を守る、エコ・カー(自転車)に変えてみませんか?


(参考文献 「自動車の社会的費用」 宇沢 弘文 著 岩波新書、
「インドの神々」 リチャード・ウォーターストーン 著 創元社)

よろしければ押してください!

  1. 2008/09/18(木) 13:04:14|
  2. エコロジー 地球のために
  3. | コメント:0

天使のハート

002.jpg
天使は、いつも私たちのそばにいて、やさしく、私たちを見守ってくれているそうです。

私たちのハートの中にある、あたたかな愛は、天使たちの無条件の愛、無償の愛と同じです。

おばあさんに席をゆずってあげたら、そこから、思いやりとありがとうが広がってゆきます。

道で、子どもたちが笑いかけてくれたら、それは、無邪気で無垢な、天使からの贈り物です。

愛情と思いやりに満ちて、一日を過ごせば、まわりにも、愛や微笑みが広がってゆきます。

愛や感謝を与えれば、愛や善きものがわたしたちに返ってきます。

私たちの心や思いが、平和をかたち創ってゆく、大きな力を持っています。



よろしければ押してください!

  1. 2008/09/11(木) 10:24:54|
  2. 天使のメッセージ
  3. | コメント:2

食品添加物の危険性について

001_20080907125912.jpg
最近では、無添加や無農薬の食品を目にするようになりました。

食品添加物は日本で50憶トンも生産されており、香料は全世界で36憶ドル(4200億円)も使われているそうです。

これらの添加物は、大量生産・大量流通を可能とするために、食品を長持ちさせるためや、本物の食品を使うかわりに化学物質でイチゴの香りを作ったり、見た目を良くして商品を買ってもらうためなどに使われています。

添加物の中には、発ガン性物質の可能性のあるものやアレルギー物質となるものが多数あります。

添加物には諸説ありますが、私は、添加物を極力食べないようにしたところ、からだが生き生きとしてきて、体調が良くなり、太りにくくなりました。(添加物のように自然でない物質や有害なものは、脂肪に取り込まれるのだそうです。)

私たちにできることは、日々、買い物をする時に、商品の裏側を見て、原材料名に添加物が多すぎないかを確認して買うことだと思います。

そして、できる限り地産地消(その土地のものを食べる)をすることで、地元の農家を応援することになりますし、フードマイレージをかけず、おいしい作物を食べることができるのだと思います。

また、野菜やハーブ、果物やスパイスなどの植物性食品は、体の中に蓄積された農薬や添加物を排出してくれ、抗酸化作用を持っているそうなので、積極的に食べたいですね!

自然の植物たちの恵みは、こんなにも寛大にあたたかくわたしたちに接してくれ、助けてくれていることを考えると、わたしたちの方も、破壊されてゆく自然を少しでも助けて、守ってゆかなくてはならないのだと思いました。

よろしければ押してください!



(参考文献  「食品・化粧品は安全か 添加物Q&A 」  西岡 一 著  ミネルヴァ書房)        
  1. 2008/09/07(日) 13:12:31|
  2. エコロジー 地球のために
  3. | コメント:0

天空の散歩

001_20080903115043.jpg
天空を眺めていると、雲が自由にかたちをかえてゆき、空を泳ぐように流れてゆきます。

まるで、天空の劇場を観ているように思います。

天上の空は、どこまでも広く大きな愛で、わたしたちの心を解き放ち、受け止めてくれ、
人間の世界よりも、遙かに大きな自然や宇宙がわたしたちのまわりに広がっていることを思い出させてくれます。

そして、いつでもわたしたちはこの空の雲ように、とらわれることなく、執着のない、美しい心になることができるのだと、雲が教えてくれているようです。

太陽の光を受けて、一刻一刻と、空の色は美しく彩られてゆき、この季節にしかない風の香りがして、虫たちの歌が静かに聴こえてきます。

そんな風に、この大地の季節の恵みをいただきながら、この人生が私だけのものでなく、大地や天空や自然、地球の仲間たちに支えられた、ありがたいものだということに気づかされ、感謝の心を感じました。

そして、日々、美しい景色を眺めることができたり、小さな子どもが天使の微笑みのように笑いかけてくれることや、季節の女神が与えてくれる食物をいただくことができる、ただそれだけで、一日という日は花マルの合格点なのだと思います。

日々、世界から私たちに贈られている、喜びや楽しみや美しさという、愛の贈り物を見つけてみてください。

よろしければ押してください!


  1. 2008/09/03(水) 11:54:21|
  2. 日記
  3. | コメント:0