天使の庭  ANGEL‘S GARDEN

天使のメッセージ、花の精霊のメッセージ、癒しのメッセージをお届けします!エコロジーや環境問題・自然療法・癒しの本の紹介もしてゆきます   I'll send you angel's message, fairie's message and healing message !

映画 「大いなる沈黙へ」 Die Grosse Stille

P1019086.jpg
                                      ( 神奈川県 鎌倉 葉祥明美術館 )

「大いなる沈黙へ」は グランド・シャルトルーズ修道院を撮影した美しい映画です。

「 今日の社会のように、かたちや結果に価値を置くのではなく、内なる精神に意味を求める日々、

  沈黙に満ちた、深い瞑想のような映画には、今日の物質社会を見直そうとする思いが根底にある。

  森羅万象、瞬間がこの上なく尊く、観る者はこの映画を通してかけがえのない経験をすることだろう。 」 ~ 映画のパンフレット解説より

「 映画の最後に現れる、盲目の修行僧の言葉 『 何が起ころうとも、心配することは何もないんだよ。

  起こることはすべて、私たちの幸せのためなんだ。 渡した盲目になったことをよく神様に感謝する。

  死は、何もこわいことではないんだよ。 』

  その寂静の声にひたされる時、山や雲や切片や畑の畝や、窓や机や本や服のボタンや、猫や小鳥や木々の梢が、

  ひとつ残らず、何と深く、生き生きとした美しさに満たされていることか。」 ~佐藤 研さん

この映画は ナレーションや説明がなく、映画そのものが修道院のような荘厳さと静寂さに満ちています。

この静けさと愛の中で、私たちが毎日、いかに必要のないお喋りや情報の嵐に包まれているかを思いました。

自然の風のそよぎの美しさや雪の音を聴き、 無駄なおしゃべりがない分、話される言葉は重みを持っていて

言葉や日常の動作は 尊く神聖なものなのだと気付かされました。

「 修道院の上空、星の流れが高速度に映し出されてゆくシーンがある。 

  この地球が、天空にたいして球形であることを気付かせてくれ、時が移り変わってゆくさまを見せてくれる。」 ~小沼純一さん

一日一日が 神聖な神様の愛であり、家族の愛であり 美しい自然の中で生かされているんだなと思いました 




  1. 2014/12/03(水) 22:14:08|
  2. 映画の紹介

映画 「ベニシアさんの四季の庭」の紹介

P1016269.jpg


『 「この世で偶然に起こることはない  あなたが進む人生の道を信じて。 

私にとってこの地上での人生は 全てひとりの人間として 成長することを学ぶためにある」

「世界を変えたいのならば そのようにあなた自身が変わらなければならない」

「すべての植物は 皆それぞれ役割を持っている  庭を通して 私は限りないマジックを発見する」

「始めは 自然を守るために自分ができることを たったひとつやってみる  ひとつひとつ工夫してゆけば賢くなれる」

「私たちの考えること 発する言葉 行うことは 私たちが自分自身で作る人生という織物に 織り込む糸のようなもの

生命の神秘は 常に私たちに理解する能力を与えてくれる。」

「誰でも皆 人に何かを与えるために 特別な才能と能力を持っている」

「それは 神様からあなたへの贈り物  その才能を活かすことは あなたから神様への贈り物」 』
 
   ~『』は「ベニシアの京都 里山暮らし」ベニシア・スミス著 世界文化社 より引用しました

「 100種類以上のハーブが彩るベニシアさんの庭 京都・大原の美しい四季 ゆっくりと流れる時間

日本の春夏秋冬にイギリスの伝統が調和したていねいな暮らし。

心穏やかに生きるための知恵が詰まった 目にも心にも優しいドキュメンタリー映画です 」

素敵な暮らしだな~と憧れます     映画「ベニシアさんの四季の庭」 HP




  1. 2014/02/05(水) 17:02:57|
  2. 映画の紹介

映画 『奇跡のリンゴ』~無農薬・無肥料のリンゴ栽培

P1018509_convert_20131023131632.jpg

『 ドングリの樹の周辺に目をやると そこは生命があふれ すべてが循環しているのだと気付かされました。

バッタやアリやチョウなど無数の生物それぞれが 命をつなぐために互いに密に活動している。

何一つ無意味なもの 邪魔なものなどない。 ドングリの樹もそれだけで生きているのではない、

周りの自然の中で生かされている生き物だと気付きました。 ああ人間もそうじゃないのかと感じました。

雑草が生え放題、伸び放題で 地面は足が沈むほどふかふかしている。 バクテリアや菌がしっかり生きている匂いです 

農薬を撒くと どんなに自然の調和環境から逸脱して 本来の姿から変質していくのかと思わずにいられませんでした。』 ~「リンゴが教えてくれたこと」木村秋則著より

リンゴの樹 ひとつひとつに 心を込めて声をかけた木村さん。 声をかけた樹は枯れなかったそうです

サボテンに話しかけると花が咲き、牛に音楽を聴かせるとおいしい牛乳が採れるように、樹・草・動物にも魂や心があり、人間と同じなのでしょう

無農薬・有機栽培の野菜は 葉や茎をさわっただけで、生き生きとして、すこやかに育ったのを感じます

とても美味しく、大地から食物をいただくこと・作ってくれた農家の方に感謝しました 


     映画「奇跡のリンゴ」 公式サイト





  1. 2013/10/23(水) 13:00:56|
  2. 映画の紹介

映画 『祈り ~サムシンググレートとの対話』

P1018537_convert_20130916164707.jpg

『 日本人は古来より草木の一本から、 火水風土 あらゆる万物に霊魂が宿り 大自然の恵みによって生かされていると考えてきました

そして日本人は 大自然と共に「一つの大きな命」として調和することを大切にする民族でありました

私は長年、生命科学の世界に身をおき 遺伝子という極小単位の生命の営みの、

精緻で絶妙に組み込まれた存在と機能を目の当たりにし、人知をはるかに超えた叡智そのものを感じてまいりました

そして 目には見えないけれども確実に存在する 「大いなる何か」=「サムシンググレート」に 畏敬の念や祈りを捧げるようになりました

「祈り」は 欧米においても 最先端の研究分野になりつつあり、医療や医学の分野でその効果が報告されています 』 ~ 筑波大学名誉教授 村上和雄さんの言葉

「 祈る行為が、呼吸数、心拍数、二酸化炭素の排出量、酸素の消費を抑制する ~ハーバード大学 ベンソン教授 

  ヒーリングが 植物の葉緑体に影響を与える ~カナダマッギル大学 グラッド教授

  手かざし療法の実践により、血中ヘモグロビンの量が増加する ~ニューヨーク大学 クリーガー教授 」

素晴らしい映画でした! 地球や生命の美しさを改めて感じました  予告編、ぜひご覧ください  




   映画「祈り」 公式サイト  ロングラン上映中


  1. 2013/09/22(日) 20:42:47|
  2. 映画の紹介

映画「少年H」の紹介

P1018557_convert_20130826122117.jpg

映画「少年H」観てきました   340万部のベストセラーとなった名作です

第二次世界大戦中、自由な発言が出来なくなり、新聞には「連戦連勝」という嘘が載り、

中学校は軍人を育てるための場所になり、子どもたちは銃を持たされ訓練されました

食糧も減り、爆撃機が飛び、防空壕に逃げる生活・・・  その時代を生きた 家族の愛と絆・友情の物語です

『 戦争は、急に起こるものではないんですね。 どこかおかしいなというひずみが感じられる予兆があるんです

  ものを決めたり、歩きはじめることが 戦争につながる道に近づいていないか  想像力を持ってみればわかると思う

  一度戦争が始まってしまったら それを治めることはものすごく大変です 』 ~原作者・妹尾河童さん

『 人間は過去のことをどんどん忘れていってしまう 先の震災や戦争も然り。 でも記憶だけはきちんと積み上げていかなければならない 

  戦争は、ひたひたとやってくる。 その時に 「自分の考えをきちんと言えるだけのことを持っていようよ」とういことを 映画から感じてもらえれば 』 ~監督・降旗康男さん 

『 空襲を受け すべてを失った後でも 立ちあがって未来に向かって生きてゆこうとする  そうした人間のたくましさや強さが描かれています 』 ~ 俳優・水谷豊さん

もう二度とこのような戦争が起きないことを願います 
     映画「少年H」 ホームページ 現在上映中



  1. 2013/08/26(月) 17:07:38|
  2. 映画の紹介
次のページ